ブログ│小郡市小郡で歯科・歯医者をお探しの方ははらだ歯科・こども歯科まで

小郡市小郡・はらだ歯科・こども歯科

小郡市小郡・はらだ歯科・こども歯科・0942-73-5557

0942-73-5557

休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日のある週は木曜日に振替診療

診療時間
9:00~13:00 ● ● ● ● ●
14:30~19:00 ● ● ● ● ●

ブログBlog

ブログ


認知症の原因は歯周病だった⁉️

2020年10月21日

こんにちは、受付の星野です🎵

寒くなってきましたね🍁
お鍋🍲や、おでん🍢など、温かい食べ物が美味しい季節になってきましたね!
先日、スタッフの誕生日会で食べた、もつ鍋がとっても美味しかったです。
もつ鍋には珍しく、玉ねぎや、もやしなどが入ってました。
私が家で作るときは、ごぼうや豆腐をいれます。
各々で個性がでるのも、鍋のいいところですよねぇ☺️

そういえば、ちょっと前に情報番組のミヤネ屋で歯周病の特集があってましたね。
ご覧になられた方いらっしゃいますか?
私もたまたま観たんですけど、以前から院長先生が歯周病と認知症の関連性について私たちスタッフに話してくださっていたので、興味がありまして、しっかり拝見させていただきました🤓

なので、今回はそのミヤネ屋での内容を簡単に紹介しますね📺

まず、皆さんご存知とは思いますが、歯周病というものが、どのような病気なのかをもう一度、説明しておきますね🦷

歯周病とは歯垢がたまり、歯肉が炎症を起こす病気で、進行すると最終的には土台の骨も溶けて歯を失うことになるものです。
歯科医によると、一番問題なのは最初は症状がでないことで、症状がでてしまうと、もう遅いということ😿

お口の中にいる歯周病菌が血液の流れで全身に運ばれ、カテプシンBが刺激されて増えることで、アミロイドβを作り出すそうです。このアミロイドβは認知症だけではなく、いろいろな病気を引き起こすことが分かったと語られていました。

一方、認知症のおよそ7割を占めるアルツハイマー型認知症は現時点で根本的な治療法が確立されておらず、発症のメカニズムにおいて鍵を握るとされるのが、アミロイドβという異常なタンパク質でこれが脳内にたまり認知症が発症するという節が有力となっているとのこと。
慢性歯周病の原因細菌が作り出すこのアミロイドβは『脳のゴミ』という表現をされており、なんと96%のアルツハイマー病患者の脳で確認されているそうです😢

アルツハイマーには大きく分けて2種類あり、1つが若年性、もう1つが加齢に沿って発症増加する遅発性があり、若年性は5%未満だそう。

アルツハイマー型は20年から30年かけて認知症が発症する。というのが定説で、有力な説としてはアミロイドβが脳に沈着し、老人斑を作り、脳の神経細胞が死んでしまい脳の萎縮がおこるなどと説明され、歯みがきをして歯周病を予防すればリスクが下げられるなどが語られていました✨

また、歯を失うのは虫歯ではなく歯周病で失うため、虫歯がなくても歯が1本もなくなる可能性はあるということ。
虫歯菌と歯周病菌は全く別物だということなども語られていました。

認知症は予防できる時代になったんだ、と希望の光を感じました✨
ミヤネ屋でも、医療に光💡と発表されていましたよ❗️

何も特別なことはしなくてもいいんです。
✨毎日の歯みがきを頑張る💪
✨歯垢は歯ブラシだけでは落としきれないので、自分に合ったケア用品を併用すること
✨少なくとも半年に一度は歯科医院でプロの口腔ケアをする

私も急いで歯医者予約しました🦷
健康の為に、お口のメンテナンス頑張りましょうね!