コラム|小郡市小郡で歯科・歯医者をお探しの方ははらだ歯科・こども歯科まで

小郡市小郡・はらだ歯科・こども歯科

小郡市小郡・はらだ歯科・こども歯科・0942-73-5557

0942-73-5557

※13:00~14:30の間は診療時間外のため、電話対応を承っておりません。

※休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日のある週は木曜日に振替診療

診療時間
9:00~13:00 ● ● ● ● ●
14:30~19:00 ● ● ● ● ●

コラムColumn

コラム

4歳以上の歯科治療は母子分離がいいって本当?

皆さんこんにちは。 小郡市小郡の「はらだ歯科・こども歯科」です。   子どもの歯科治療は大人とは異なるためいろいろな点に配慮する必要があります。   例えば、お子さんの診療に親御さんが付き添うことはとても良いことのように思われがちですが、それは低年齢に限ります。   ある程度の年齢に達したら母子分離の方が望ましいのです。   今回はそんな… 続きを読む

こどもの矯正を受ける適切なタイミングは何歳から?

皆さんこんにちは。 小郡市小郡の「はらだ歯科・こども歯科」です。   小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、子どもの歯並びの治療を何歳から始めるべきか迷われているケースが非常に多いです。   子どもの矯正は大人の矯正と異なり、適切なタイミングに受けなければ十分な効果が得られないからです。   そこで今回は、小児矯正を始める適切なタイミングについて… 続きを読む

付き添いのご家族に無料歯科検診を実施します!

皆さんこんにちは。 小郡市小郡の「はらだ歯科・こども歯科」です。   生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、むし歯菌が存在していません。   それがいつしかむし歯になってしまうのは、周囲の大人から細菌感染が広がるからです。   そのため、お子さんをむし歯菌から守るのであれば、まずはご家族からむし歯予防を徹底する必要があります。   そこで当… 続きを読む

小児矯正のメリットとは?抜歯が必要なくなるって本当?

皆さんこんにちは。 小郡市小郡の「はらだ歯科・こども歯科」です。   子どもの矯正には、大人の矯正にはないメリットがいくつかあります。   そのため当院では、お子さんの歯並びで気になるところが出てきたら、早い年齢のうちにご相談いただくことをおすすめしております。   今回はそんな小児矯正を受けるメリットについてわかりやすく解説します。  … 続きを読む

歯医者が苦手なお子さんこそ、おまかせください

皆さんこんにちは。 はらだ歯科・こども歯科です。   子どもの多くは「歯医者さんは怖いところ」というイメージから歯科治療がスタートします。   確かに従来の歯医者さんは“病院”という印象が強いですし、そもそも痛い思いや不快な思いをすることが多い診療科なので、小さなお子さんが怖がってしまうのも無理ありません。   けれども、歯医者さんの工夫次第、頑張… 続きを読む

歯周病で歯が抜ける・骨が溶ける理由とは?

皆さんこんにちは。 小郡市小郡の「はらだ歯科・こども歯科」です。   昨今、国や歯科医師会、クリニックの歯医者さんが「歯周病は怖い病気」であることを広く伝えるようになりましたが、その怖さを実感している人はそれほど多くないのが現状です。   そもそもなぜ歯茎の病気で歯が抜ける・歯が溶けるのか、よくわかりませんよね。   そこで今回は、歯周病を進行させ… 続きを読む

小児矯正についてあれこれ

皆さんこんにちは。 小郡市小郡の「はらだ歯科・こども歯科」です。   お子さんの歯並びが気になり、歯列矯正を検討される親御さんは多くいらっしゃいます。 今回はそのような方のために、歯列矯正の開始のタイミングや、こどものうちに矯正を行うメリットについてお話しします。   いつから始めるべき? 子供の矯正は、6歳から小学校中学年までの「一期治療」と、小学校高学年… 続きを読む

歯周病・歯槽膿漏とは?

皆さんこんにちは。 小郡市小郡の「はらだ歯科・こども歯科」です。   テレビコマーシャルでよく聞く「歯周病」や「歯槽膿漏」という言葉。 歯の病気だということは想像できますが、皆さんはこれらをきちんと理解していますか? 今回は、馴染みがあってもよくわからない、歯周病と歯槽膿漏について簡単にご説明します。   歯周病・歯槽膿漏のセルフチェック 以下の症状がある場… 続きを読む

マスク生活の今こそ歯列矯正はじめませんか?

皆さんこんにちは。 小郡市小郡の「はらだ歯科・こども歯科」です。   最近は大人になってから歯列矯正を行う方が増えていますが、矯正器具が目立つのために躊躇されている方も多くいらっしゃいます。 しかし、コロナ渦の現在であれば、口元は常にマスクで隠れており、リモートワークの方なら人と会う機会も減っています。 つまり、今は歯列矯正を目立たずにできるチャンスなのです。 &nb… 続きを読む