コラム|小郡市小郡で歯科・歯医者をお探しの方ははらだ歯科・こども歯科まで

小郡市小郡・はらだ歯科・こども歯科

小郡市小郡・はらだ歯科・こども歯科・0942-73-5557

0942-73-5557

休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日のある週は木曜日に振替診療

診療時間
9:00~13:00 ● ● ● ● ●
14:30~19:00 ● ● ● ● ●

コラムColumn

コラム

小児矯正についてあれこれ

皆さんこんにちは。

小郡市小郡の「はらだ歯科・こども歯科」です。

 

お子さんの歯並びが気になり、歯列矯正を検討される親御さんは多くいらっしゃいます。
今回はそのような方のために、歯列矯正の開始のタイミングや、こどものうちに矯正を行うメリットについてお話しします。

 

いつから始めるべき?

子供の矯正は、6歳から小学校中学年までの「一期治療」と、小学校高学年から中学生くらいまでの「二期治療」に分かれます。
 
一期治療は、上下の顎の骨のバランスを整え、永久歯が生えるスペースを作ったり、前歯のかみ合わせを良くしたりすることなどが大きな目的です。
顎の骨の状態や歯並びで治療方針を決めて、矯正装置を選択します。
 
永久歯が生えそろい、本格的に歯を動かしていくために行うのが二期治療です。
皆さんが想像する矯正はおそらくこちらだと思います。

 

矯正を始めるなら早い方がいいの?

一期と二期どちらから始めるかは、最短で負担が少なく歯の矯正が終わるかがで決めていきますので、一概に「どちらがすぐれている」というものではありません。
お子さんにより、一期から始めた方が良い場合と、永久歯が生え揃ってきた二期から始めた方が良い場合があります。
 
一期治療が良いのは、顎を成長と共に広げることで歯並びを改善できる場合や、二期治療がスムーズに進むように一期治療を行う場合、現状だと顎や歯の組織に悪影響をあたえてしまう場合などです。
二期治療が望ましいのは、抜歯をしないと歯並びが改善できない場合や、永久歯が生え揃ってからバランスの良い噛み合わせを調整する必要がある場合などです。
 
一期と二期はこのような違いで選択しますが、大人になってから歯列矯正を行うよりは、やはりこどものうちにしておいたほうがメリットは多くあります。

 

こどもの矯正のメリット

永久歯が生えそろっていない一期治療では、顎の成長を問題ない形に近づけていくことがメインになりますので、上下の顎のバランスや大きさを整えやすいというメリットがあります。
 
また大人の矯正では、顎が小さく歯が生える十分なスペースがないことが多いため、抜歯をする場合があります。
しかし、こどもの矯正は顎の成長に合わせて行うため、永久歯が生えるスペースもできやすく、結果的に大人になってからの抜歯リスクを減らすことができます。
 
さらに、指しゃぶりや舌のくせなどが改善されて、口呼吸や滑舌を治すこともできます。
 
ほかにも、大人になってからよりは短期間で治療が終わるため、多くの場合は治療費も安く抑えることができます。

 

まとめ

このように、こどものうちに矯正で歯並びを整えることにはメリットが多くあります。
きれいな歯並びをお子さんにプレゼントしてあげてはいかがでしょう?