コラム|小郡市小郡で歯科・歯医者をお探しの方ははらだ歯科・こども歯科まで

小郡市小郡・はらだ歯科・こども歯科

小郡市小郡・はらだ歯科・こども歯科・0942-73-5557

0942-73-5557

※13:00~14:30の間は診療時間外のため、電話対応を承っておりません。

※休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日のある週は木曜日に振替診療

診療時間
9:00~13:00 ● ● ● ● ●
14:30~19:00 ● ● ● ● ●

コラムColumn

コラム

歯周病・歯槽膿漏とは?

皆さんこんにちは。

小郡市小郡の「はらだ歯科・こども歯科」です。

 

テレビコマーシャルでよく聞く「歯周病」や「歯槽膿漏」という言葉。
歯の病気だということは想像できますが、皆さんはこれらをきちんと理解していますか?

今回は、馴染みがあってもよくわからない、歯周病と歯槽膿漏について簡単にご説明します。

 

歯周病・歯槽膿漏のセルフチェック

以下の症状がある場合は、歯周病や歯槽膿漏の可能性があります。

  • 歯を磨いたときや固いものを食べたとき、歯ぐきから出血する。
  • 歯ぐきがはれている。
  • 指で歯をさわるとグラグラ動く感じがする。
  • 歯と歯の間に食べものが挟まる。
  • 歯が長くなったような感じがする。
  • 歯磨きをすると歯ぐきが痛い。
  • 冷たいものを飲むと、むし歯でもないのにしみる。
  • 口臭がある。

これらが、歯周病や歯槽膿漏の初期症状です。
一見、大したことのない症状ですが、悪化すると歯が抜け落ちてしまう可能性があります。
歯周病や歯槽膿漏のこわいところは、このように静かに進行が進んでいくところなのです。

 

歯周病と歯槽膿漏の違い

歯周病は、細菌によって引き起こされる感染症です。
お口の中に歯垢(プラーク)・歯石といった細菌の塊が増えると歯ぐきに炎症が起こり、歯ぐきの腫れや歯を支える歯槽骨が溶かされていきます。

歯槽膿漏も歯周病の一種です。
違いは炎症を起こした歯ぐきが化膿してしまうことです。
化膿することによってひどい痛みや口臭が起きて悩まされることになります。

 

全身疾患との関係性

ところで、歯周病はお口だけに影響する病気ではありません。
最近ニュースで話題になることが多いのでご存知かもしれませんが、歯周病は全身疾患や認知症を引き起こすことがわかってきました。
歯周病菌が気管から肺に入ると誤嚥性肺炎を、血液にのって全身をめぐると糖尿病・心疾患・脳梗塞・認知症などの重篤な病気を引き起こしたり悪化させたりするのです。

日本人の成人の約8割がかかっていると言われている歯周病ですが、お口のけんこうだけでなく、身体の健康のためにも、軽視せずにきちんと治療しておきたいものです。

 

まとめ

このように、歯周病や歯槽膿漏はおそろしい病気です。
先に述べたような症状があったら、早めに歯科医院を受診することをおすすめします。
早い段階であれば、毎日のブラッシングや歯科医院でのクリーニングなど、簡単な治療で治すことができます。

また、予防することも大切です。
定期的な歯科検診とクリーニング、お口に合った適切なブラッシングで、しっかりと歯周病や歯槽膿漏を防ぎましょう。